赤ら顔

赤ら顔とは

皮膚の毛細血管が拡張し、皮膚表面に血液が滞り赤く見える症状のことを毛細血管拡張と言いますが、一般的には赤ら顔とも呼ばれています。皮膚は紫外線を浴び続けることで毛細血管を増やしてしまいます。

そして鼻や頬の周辺は毛細血管が密集していることもあって、何らかの原因(寒い場所から温かい場所へ移動、ストレスなど精神的要因など)で毛細血管が拡張すると赤い細い線が顔に描かれるような状態となるのですが、この症状が赤ら顔だったり、りんごのようなほっぺたに見えるようになるのです。

赤ら顔をメイクで隠すというのはなかなか困難なことなので、気になる方には光治療器フォトフェイシャル M22を用いて赤みの治療を行います。

フォトフェイシャルM22はこちら 料金はこちら