ケガ

ケガとは

受傷後24時間以内であれば縫合が可能であったり、状況(感染状態や受賞後の時間経過など)に応じて、軟膏を使って上皮化を待ったりします。

やけど

やけどとは

皮膚や粘膜に高温などの刺激が一定時間以上触れてしまうこと(熱湯がかかる、暖房器具に触れる など)で、皮膚組織が傷害を受けている状態をやけど(熱傷)と言います。なおやけどにつきましては、症状の程度によってⅠ度熱傷~Ⅲ度熱傷に分類されます。

Ⅰ度熱傷は表皮熱傷とも呼ばれるもので、表皮のみのやけどです。この場合、やけどした部位に紅斑やむくみ、ヒリヒリした痛みがある状態です。Ⅱ度熱傷は浅達性と深達性に分けられ、浅達性Ⅱ度熱傷は真皮の浅層までやけどが達している状態で、患部はびらん(表皮が欠損し、その下の組織が露出している状態)や水疱などがみられている状態で痛みもあります。

水疱の底は赤みを帯びていて、水疱が破れると傷となりますが、瘢痕化はしにくいと言われています。また深達性Ⅱ度熱傷は、真皮の深層までやけどが達している状態です。浅達性と同じようにびらんや水疱がみられますが、水疱の底は白っぽくなっています。治療をすると1ヵ月程度かかるほか、瘢痕化やひきつれが起きやすくなります。

この場合は痛みが軽度で知覚が鈍くなっています。Ⅲ度熱傷は一番ひどい状態のやけどで、皮下組織にまでやけどが及んでいます。この場合は、神経までダメージを受けていることが多いので、痛みや乾燥といった症状を感じることもありません。また水疱はなく、灰白色の壊死組織が見受けられます。

やけどの治療ですが、熱傷を負った直後の対応として、まず水道水で患部を冷やすようにしてください。その後の治療については、症状の程度によって内容が異なります。

当院ではⅠ度熱傷などの軽度熱傷に関して、治療を行なっております。Ⅱ度深層にいたるものやⅢ度熱傷は皮膚だげでなく、全身管理が必要になることも多く、総合病院をご紹介いたします。

傷跡

傷跡とは

皮膚は損傷を受けると傷跡が残ってしまいます。当院では、できてしまった傷跡をなるべく目立たせないよう、元の状態に近づける治療を行っていきます。すり傷や切り傷、やけどなどで皮膚が剥がれてしまったケースだけでなく、以前のけがの傷跡で、ケロイド状(傷跡が盛り上がった状態)になっている、引きつれを起こしている、以前行った手術跡などを目立たなくするといった場合でも対応いたします。

そのため以前の傷跡が気になっている方は、お気軽にご相談ください。治療としては、軟膏治療を始めとし、傷跡を目立ちにくくさせるための手術やレーザー治療を用いることもあります。

瘢痕

瘢痕とは

ケガや手術によってできた傷が修復される際に皮膚の再生がうまくいかなくなることで、傷が盛り上がってしまい目立っている状態(ミミズ腫れ)で、これをケロイドまたは瘢痕(肥厚性瘢痕)と言います。

なおケロイドと瘢痕の明確な違いというのは定かではありませんが、傷の範囲を超えて広がるなどしている重度な状態をケロイド、軽度で傷の範囲を超えないとされているのが瘢痕です。後者の症状としては、炎症がいつまでも治まらずにチクチクとした痛みやかゆみがみられることもあります。

なおケロイドには発症しやすいタイプがあるとされ、遺伝や何かしらのアレルギー素因を持っている、あるいは内分泌ホルモンの異常といったことが原因で起きるとも考えられていますが原因は特定されていません。

またケロイドを発症しやすい方の中でも、起きやすい部位というのがあり、胸部の中心部分、肩、上腕外側、背中の上部、下腹部など、皮膚の緊張が比較的強いとされる部位で発生する傾向にあると言われています。また、先に挙げたような手術やけがの痕だけでなく、にきび痕や自覚症状がなかった小さな傷でも発生することがあります。

治療に関しましては、圧迫、ステロイド薬の局所注射、ステロイドが含まれた含有テープを使用します。また手術によって切除するという治療法もありますが、これは切った傷から、また発生する可能性があるので注意が必要です。局所放射線治療が必要になることもあります。