重瞼形成

二重まぶたのお悩み

一重まぶたで目つきが悪く思われることや、重いまぶたで奥二重になっている、アイプチ等で準備に時間がかかるなど、まぶたのお悩みは多いです。

目を開くため筋肉(上眼瞼挙筋・ミュラー筋)が収縮する際に挙筋腱膜の一部が皮膚に伸びている人は、目を開いた際に瞼板と共に奥に引き込まれる事で生じるのが重瞼です。
逆に皮膚への連続性が無いと目を開く際に皮膚が折りたたまれずに二重になりません。
すなわち、二重を作成することは、一重瞼のように挙筋腱膜から皮膚へのつながりがない、もしくは弱い人に皮膚への連続性を作るということです。

一重と二重の構造の違い

一重と二重の構造の違い

重瞼形成には大きく2つあり、埋没法と切開法に大別されます。

二重まぶた埋没法 二重まぶた切開法 料金はこちら

目の上のたるみ

加齢に伴い目の上のたるみが多く、重いまぶたとなってきた方に、眉下切開と言って、眉毛の下の皮膚を切除してたるみを取る方法と、眼瞼下垂と言って皮膚のたるみのみならず、眼瞼挙筋と言う目を開ける筋肉も伸びてしまっている状態になっている方は、皮膚切除だけではなく眼瞼挙筋を瞼板に固定する手術が必要となります。

眉下切開

涙袋

涙袋ヒアルロン酸

涙袋は本来は眼輪筋の収縮によってできます。
ヒアルロン酸をいれる事で、よりはっきりとさせることができます。
笑ったりしても出にくい方、涙袋の下に目袋(目の下のたるみ)がある方はヒアルロン酸注入しても出にくい事があります。

施術時間は5~10分程度。
持続時間は製剤によって異なります(1~2年程度)

リスク・副作用について

内出血、感染、痛み、浮腫、左右差、理想像とのズレ、入れすぎによって透けて見えるなど。
非常に稀ですが血流障害(皮膚壊死や失明)の報告もございます。

ヒアルロン酸料金はこちら