AGA

AGAとは

AGAは正式には「Androgenetic Alopecia」と呼ばれ、これを日本語で言うと「男性型脱毛症」になります。このAGAは、日本人男性の4人に1人の割合で発症するとされ、思春期を過ぎた頃から、前頭部や頭頂部の部分が薄くなっていき、進行していくとそれらの部位の頭髪はやがて失われるというもので、原因は遺伝的要因や男性ホルモンの影響などが挙げられます。

発症のメカニズムですが、AGAは主に男性ホルモン(アンドロゲン)がきっかけとなって引き起こされるようになります。なおアンドロゲンの中にはテストステロン(TH)が含まれているのですが、これがジヒドロテストステロン(DHT)に変化してしまうと毛髪の成長は抑制(とくに前頭部と頭頂部)され、ヘアサイクル(毛周期)の成長期を短縮させるようになります。

そして毛根(毛包)は小さくなっていき、細く短い髪の毛(軟毛化)に生え変わっていき、最終的にはこれらの部位の毛髪は失われるようになるのです。つまりAGAを治療する場合は、このDHTの産生を抑制する必要があります。

AGAは非常に時間をかけて薄毛や抜け毛が進行していきますが、放置が続くと毛髪は失われるだけです。ただ毛包があるうちにAGA治療を行えば、これらの部位で再び太くて長い髪の毛がみられることもあります。

当院では、DHTの働きを阻害する効果があるとされるフィナステリド、デュタステリドといったAGA治療の内服薬を処方いたします。

副作用につきましては、AGAの内服治療薬では、男性機能の低下(性欲減退、勃起不全 など)、抑うつ状態、乳房の女性化がみられる可能性があります。また肝臓に負荷をかけるので、肝機能の処方前の数値と治療中の数値を比較しながら、投与が適切かどうかもみていきます。

なお肝機能障害のある方は服用できないこともあります。前立腺のマーカーであるPSAにも影響を与えることがあるため、適宜採血(自費)を行う必要もありますので、また外来にて、お問い合わせください。

料金はこちら