ニキビ

ニキビとは

ニキビは青春のシンボルとも言われますが、これは正式には尋常性ざ瘡と呼ばれる皮膚疾患でもあります。多くの場合、皮脂の分泌が活発となる13~20歳までに発症するケースが大半ですが、成人後であっても不摂生な生活を続けているとニキビが発症しやすくなります。

にきびは皮脂の過剰な分泌と毛穴の詰まりが原因と言われています。この皮脂が毛穴に詰まったままだと、やがて面皰(めんぽう)の状態になります。この面皰が栄養源となって、にきびの元になるにきび菌(アクネ菌)は増殖するようになるのですが、増殖するにあたって膿を含む赤いブツブツが発生するようになります。

これがいわゆるニキビで、主に顔や胸、背中といった皮脂の分泌が多いとされる部位でよく発生します。なお、にきびは一度発症すると治りにくく、また症状を悪化させてしまうと袋状のしこりや痕が残ることがあり、将来的にも影響が出るようになることもあります。そのため、たかがニキビと考えず、適切な治療を行なった方がいいです。

ニキビの治療法としては、抗生物質入りの外用薬、内服薬などがあります。(保険適応)また、ピーリングを月に一回程度行う事で、ニキビ肌、毛穴の開き、ニキビ跡にも効果があったり、光治療器フォトフェイシャル M22を用いて赤みの治療(自由診療)を行います。このほか、日頃からスキンケアもしっかり心がけていくことも大切です。

具体的には、石鹸をよく泡立ててから洗顔し、皮脂ができるだけ毛穴に詰まらないようにしていきます。また生活習慣の見直しも必須で、栄養バランスのとれた食事に努める、睡眠不足を解消させる、できるだけストレスを溜め込まないといった対策も大切です。

フォトフェイシャルM22はこちら フォトフェイシャルM22の料金はこちら ピーリング料金はこちら